コスモスだより

このサイトでは、季節の行事やお祝い行事など、生活に役立つ情報を紹介しています。

生活

近所の方へ七五三の内祝いを贈る理由とは?お返しは必要なの?

投稿日:2017年7月13日 更新日:


ある日、七五三のお祝いをしていないご近所の方から、内祝いを頂いてどうしようと思ったことありませんか?

私も、近所の方が「七五三のお祝いをしたから・・・」と言って、着物をきておめかしした姿を見せに来てくれたことがあります。着物姿はすっごく可愛らしくて、「おめでとう~!」と祝福していました。しかし、ただ来てくれたというのではなく、そのときに、”内祝い”と書かれた熨斗のついた、千歳あめとお赤飯を持って挨拶にきてくれたのです。

私は、何も知らなくて、何もお祝いをあげていなかったので、祝福する反面、お祝いをどうしよう・・・と心の中で焦ってしまい、とりあえずその場で祝福しましたが・・・

こんなとき、どうお祝いをするといいのでしょうか?

ここでは、
 ・近所の方へ七五三の内祝いを贈るのはなぜ?
 ・七五三の内祝いをもらったらお返しは必要なの?
について紹介していきます。

スポンサーリンク
  

近所の方へ七五三の内祝いを贈るのはなぜ?

子供の七五三のお祝いをして、さらに近所の方へ七五三の内祝いを贈る方がいらっしゃいます。

お祝いを頂いた方にお返しとして、内祝いを贈るのはよく聞きますが、お祝いを頂いていない方、近所の方にも、内祝いを贈るのはなぜなのでしょうか?

それは・・・

そもそも内祝いとは、頂いたからお返しとして返すというものではありません。

近所の方へ内祝いを贈るということは・・・

<span class=”huto”>近所の方へ内祝い(千歳あめ)を持ってあいさつに行く「あいさつ回り」という昔の慣習からきています。

あるお家(=内)でお祝い事があったとき、家の慶びごとを、近所の方や親族の方など親しい方々とも分かち合うため、一緒に喜びを祝ってもらおうという意味で内祝いを贈ります。

この慣習は、お祝いを頂いた、頂いていないということに関係なく、一緒になって喜んで祝ってもらいたい方、贈りたい方に内祝いを贈るため、お祝いをあげていなくても内祝いを頂くということは不思議ではありません。

ただ、この慣習は最近では省略されて無くなりつつあり、この慣習自体を知らない方からするとビックリしますよね。

スポンサーリンク

しかし、内祝いを頂いたということは、ご近所の方からすると、お祝いごとの福を分ける相手と思ってくださっていることですので、すごく嬉しいことですね。

お祝いをあげていないのに・・・と思われるかもしれませんが、幸せのおすそ分けですので、そこまで気にされなくても大丈夫です。頂いたときには、可愛らしい姿を見て、その子の成長を一緒に喜び、祝福しましょうね。

七五三の内祝いをもらったらお返しは必要なの?

七五三のお祝いをしていないのに、内祝いを頂いたとき、何かお返しは必要なのでしょうか?

よく七五三のお祝いを頂いたとき、お返しは不要と聞きますが、内祝いを頂いてからお返し?お祝いをあげていないので、お返しとしてでなく、お祝いを持っていくべきなのでしょうか?

このことについて、前章の理由からすると・・・
内祝いとは、幸せのおすそ分けとして贈りたい方に送っているのですから、別にお返し(お祝い)を贈らなくても問題はありません。贈っても贈らなくてもどちらでも良く、決まったマナーなどはありません。

しかし、お祝いごとの福を分ける相手と思ってくださっていると思うと、何かしらお祝いをした方がいいのでは?と考えてしまいますよね。

遅くなったけれど、ちゃんとお祝いを贈ろう!そう思われた方、いつ持っていくと良いのでしょう?

内祝いを頂いてすぐに、お祝いをあげに行くという方もいらっしゃいます。実際にそのような方は結構いらっしゃいます。

確かに、すぐにお祝いをした方が良いと思うかもしれませんが・・・

すぐにお祝いをあげに行くと、相手側が受け取るとき、
「内祝いを差し上げたことでお祝いを催促したように思われたかな?」
というように、ちょっと失敗したかも?など少しマイナスな考え方をしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

相手側の方が、もしそのように思われるかも・・・という場合には、七五三の時期でしたら、すぐにハロウィンやクリスマスなどのイベントがあります。それらの関連グッズのお菓子などをあげるのはどうでしょうか?相手側に気を使わせず、とても喜ばれるのでは?と思います。

祝いの金額は、あまり高すぎるとかえって気を使ってしまい、よくないと思いますので、内祝いのお赤飯に対してと考えると、約2~3千円程度でいいのではないかと思います。

まとめ

近所の方へ七五三の内祝いを贈る理由とお返しについて、参考になりましたでしょうか?

七五三のあいさつ回りに来て下さって、ビックリされたかもしれませんが、

ご近所の方からすると、お祝いごとの福を分ける相手と思ってくださっていることですので、すごく嬉しいことですね。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

金魚すくいでとってきた金魚にまず何をすると良いの?飼うのに必要なものや気を付けることとは?

夏祭りといえば、金魚すくいは定番ですが・・・ スポンサーリンク 今までメダカや金魚を飼ったことがなくて、子供が夏祭りに行って、金魚をとって帰ってきたら、どうしたらいいのか困っちゃいますよね。 金魚は生 …

お正月に使いたくなるお洒落なおちょこ おすすめ6選

新年の初めに飲むお酒、おめでたい席だからこそ、ちょっと贅沢なお酒を準備しちゃいます。 しかし、お酒を飲むときに使うおちょこは・・・? スポンサーリンク いつもと同じおちょこも、飲み慣れているのでいいか …

お彼岸って何をするの?お墓参りに行く日や正しい作法は?仏壇はどうするの?

お彼岸は、春分の日・秋分の日を中日にして7日間あります。 この7日間、いったい何をするのでしょうか? スポンサーリンク ここでは ・お彼岸って何をするの? ・お彼岸のお墓参りはいつ行くの?正しい作法は …

お月見で団子をお供えするようになった由来は?地方で形が異なる?!

お月見といえば、「満月、お団子、ススキ」ですよね! このお団子、もともとは別のものがお供えされていたのを知っていますか? スポンサーリンク ここでは、 ・お月見のときに団子をお供えするようになった由来 …

食材を入れて待つだけ!すっごく簡単に離乳食が作れちゃう方法とは?

離乳食を作るとき、食材が柔らかくなるまでグツグツと茹でるのって、結構な時間がかかりますし、少し茹でては硬さをチェックしたりと、けっこう面倒ですよね? スポンサーリンク 家族の食事と一緒に作っていると、 …