コスモスだより

このサイトでは、季節の行事やお祝い行事など、生活に役立つ情報を紹介しています。

子供の祝い事

初めての七五三 参拝の段取りから当日の流れ、気を付けた事を紹介

投稿日:


初めて七五三に参拝する時、「数え年」?「満年齢」でしょうか?

長男が2歳の頃、保育所で同じクラスのお友達が「数え年」で七五三を
行っていました。
その話を聞いて、慌てて七五三の参拝する年齢について調べましたが、
最近では「数え年」「満年齢」どちらでもいいとの事で、
我が子を見ていると、とても大人しく着物を着れないと思い、
「満年齢」になってから参拝することにしました。

3歳で七五三を迎え、参拝するときに大人しくできるか心配です。

下記には、七五三の段取りから当日の行動まで記載しています。

3歳で参拝をされるのが心配の方、
何かしら対策ができるかもしれませんので参考にして下さい。

スポンサーリンク
  

七五三の段取り

①参拝する日を決め、神社へ予約する(1ヶ月前ぐらい)
 11月15日付近は混雑するので、
 10月末に決め、神社へ予約しました。
 (午前中は仕事が休めなかったので、昼から14:30に予約しました)
 (早い人は2ヶ月前から予約しているそうです)

 両親や義両親は遠方に住んでいるので、家族でお祝いします。
 下に1歳の娘もいたのでレストランでの食事は難しく、予約をしていません。
 子供の好きな料理と、お祝いのケーキを買うことにしました。
 (1週間前にケーキの予約をしました)

②衣装を決める(1ヶ月前ぐらい)
 写真館にレンタルする日を予約し、事前に衣装を選びに行きました。
 参拝は和装で、記念写真は和装と洋装の両方を撮影することにしました。
 
 写真撮影は13:00から予約しています。
 (参拝する神社と神社の予約時間を伝えると、
  移動時間を考慮して写真撮影の時間を決めてくれました)

 また記念写真の時には、長男以外に娘も主人も私も衣装を借りることにしました。
 娘と主人は無料でしたが、私は着付けとヘアセットがあるので3,000円程度かかりました。

スポンサーリンク

③初穂料の準備
 神社に予約した時に、初穂料の金額を確認しました。
 「紅白蝶結び」ののし袋に、新札5千円を入れ、
 表に初穂料と書き、当日持参します。
 (金額は神社によって異なるそうです)

七五三の当日の流れ

12:45 写真館到着、着付け
13:00 写真撮影 開始
       3歳なので、言われたポーズをする事が
       なかなか出来なくて少し時間がかかりました。

14:30 神社到着
       七五三の様子を記念に残したかったので、神社到着~ビデオ撮影しました。
      受付(初穂料を渡す)
      お祓い(30分程度)
       初めてのことで興味津々にお祓いの様子を見ていました。
       しかし、途中から飽きてきて立ったり座ったりと、じっとしていませんでした。
      ※長男は和装ですが、靴は運動靴を履かせています

15:00 神社前にて写真撮影
       
15:45 写真館に戻り、衣装を着替える
      前撮りした記念写真を選ぶ
      (選んでいる間は、子供達は写真館にある玩具で遊んでいました)

17:00 写真選びが終了し、ケーキを取りに行く

19:00 食事をして、最後にケーキでお祝いしました。

気を付けた事

和装で参拝するとき、雪駄では足が痛いと言って嫌がったので、運動靴を履かせました。
慣れない雪駄では足が痛かったらしく、無理に履かせてこけるといけないです。
お子様が雪駄を嫌がったら、運動靴にされた方が良いと思います。

神社では階段が多く、慣れない和装ですので上り下りには、必ず手をつないでいました。
慣れない和装で動きにくいと思いますので、気を付けましょう。

喉乾いた時用に、衣装を汚すといけないので、ストロー付きのジュースを持参していました。
(ペットボトルではこぼす可能性があったので)

まとめ

和装を着せると、テンションが上がりすごく喜んでいました。
ただ、まだ3歳なので参拝するときも写真撮影するときも、じっとすることが難しかったです。

参拝するときに和装を着せていくのは、着物の着崩れが心配でしたが、
神社内を元気に走り回っていても着崩れは全く気になりませんでした。

じっとすることが出来なくても、子供らしく元気な姿を氏神様にご報告でき良かったと思います。

長男の時も、長女の時も、和装や洋装で衣装を着た時、
とっても嬉しそうにしていました。
その様子をビデオ撮影して、素敵な思い出にされるのはどうでしょうか。

⇒七五三について 歳の数え方やいつ参拝するのか?段取りについて紹介

スポンサーリンク

-子供の祝い事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

鯉のぼりの素材について特徴を比較 雨天時のお手入れ方法も紹介

鯉のぼりの素材について、 江戸時代初期の頃は、和紙で作られていましたが、 時代と共に油紙、うす綿へと改良されて、 昭和30年頃から、雨風に強く破れにくい素材(化学繊維)へ変化してきました。 スポンサー …

初節句は何をする?食事や料理 お祝いのお返しについて紹介

お子様がお健やかにご成長され、さぞかしお楽しみのことと存じます。 赤ちゃんが初めて迎える節句「初節句」も楽しみの一つですよね。  女の子は3月3日の桃の節句 スポンサーリンク  男の子は5月5日の端午 …

七五三について 歳の数え方やいつ参拝するのか?段取りについて紹介

七五三とは、7歳までは神の子と言われていた時代に、 3歳、5歳、7歳という成長の節目に氏神様に参拝して、 子供が健やかに成長したことへの感謝と、将来の幸せを祈る行事のことを言います。 スポンサーリンク …

端午の節句の五月人形にはどんな種類があるの?飾り方の違いってなに?

男の子の健やかな成長を祝う「端午の節句」 五月飾りは、男の子の身を病気や災いから守り、健やかな成長を願うものです。 内飾りである五月人形は、大切なお子様の身代わりとして 災厄を背負ってもらうための人形 …

端午の節句で五月人形を飾るのはなぜ?次男にも必要なの?

男の子の誕生や成長を祝う「端午の節句」 スポンサーリンク 我が家は今年、次男の初節句を迎えます。 長男の五月人形を飾り、鯉のぼりを掲げていますが、 次男の五月人形は、必要なのでしょうか? 五月人形には …