コスモスだより

このサイトでは、季節の行事やお祝い行事など、生活に役立つ情報を紹介しています。

生活

夏休みの自由研究のまとめでレポートの書き方や文章で気を付けることは?

投稿日:2017年6月20日 更新日:


夏休みの宿題と言えば、自由研究。
好きなテーマを選び、いざ実験!
無事に終了してホッとしたいところですが、
実験結果って、自由研究ってどの様にまとめるといいのでしょうか?

自由研究では、実験結果の他に、調べたことなど様々な情報をレポートに書くと思われますが、
これらをキレイまとめるには、どのような構成にするといいのでしょうか?

“自由研究を上手くまとめる方法“を紹介します。

スポンサーリンク
  

夏休みの自由研究を上手くまとめる方法とは?

夏休みの自由研究を上手くまとめるには、内容をどのように構成するといいのでしょうか?
まず、一般的なレポートの構成を紹介します。

<表紙>
1.動機
2.目的
3.準備物
4.実験方法
5.仮説
6.実験結果
7.考察
8.まとめ(反省点と感想)
9.参考文献

上記ような構成(流れ)で、自由研究についてまとめていくと良いのですが、
これでは具体的にどのようなことを書いていいのか分かりません。

内容は以下のようになります。
<表紙>
 テーマ名と学年クラス、氏名
(テーマ名にちなんだ写真や絵などもあると、より良いです)

1.動機
 どうしてこの研究をしたいと思ったのか?なるべく具体的に書きましょう。
【例】
 ・研究する現象に出会った経緯(授業で習った、日常生活で疑問に思っていたなど)
 ・その現象から、なぜこの研究に取り組もうと思ったのか?きっかけ
《チェックポイント》
 ・具体的に書いている?
 ・動機が明確で分かりやすい?

2.目的
 この研究で実験したいこと、調べたいことなど、明らかにしたいことについて書きましょう。
 【例】
 ・赤ワインのシミは、どの調味料が最も汚れを落とすのか実験する
 ・カブトムシの好きな食べ物について調べる
《チェックポイント》
 ・明確な目標になっている?

3.準備物
この実験(観察)をするために準備したもの(道具など)を書きましょう。
【例】
 書き方について、”ペン”だけでは、水性?油性?どちらか分かりませんので、
 ”油性ペン”というように、分かりやすく、なるべく詳しく書きましょう。
また、文字だけでなく、イラスト写真があると、より分かりやすいので
 おススメです。

4.実験方法
 〇実験方法は、順番に箇条書きで書きましょう。
   箇条書きの場合、なるべく簡潔にまとめて書きたいものですが、
   ”他の人がこの実験方法を見て同じ実験ができるように”ということを
   意識しながら詳しく書くようにしましょう。
 〇言葉だけでは説明が分かりにくい箇所は、写真図、絵などを書きましょう。
 〇実験方法以外にも、実験日、気温、湿度、場所なども記載しましょう。
 〇実験中、ケガをするかもしれないような危険な箇所には、必ず注意を書きましょう。

 なぜその方法で行うのか?自分の考えをしっかりと記載しましょう!!

《チェックポイント》
 ・自分の考えが入っている?
 ・分かりやすい説明になっている?
 ・他の人がこの方法を見て、同じ実験ができる?
 ・この方法で、目的の明らかにしたいことを確実に調べることができる?
 ・この実験で得られるデータは信頼できる?

5.仮説
 〇実験をする前に、どのような結果になるのか?
  しっかりと考えて、予想したことを書きましょう。

6.実験結果
 〇実験結果(データ)を詳しく書きましょう。
 〇読む人が理解しやすいように、グラフを活用しましょう。
 〇写真を貼り、コメントを添えるとより分かりやすくなります。

《チェックポイント》
 ・表やグラフ、図や写真などで、分かりやすくまとめている?
 ・考察につながる必要なデータは、全部書いている?

7.考察
 〇実験結果で分かったことを整理し、まとめましょう。
 〇実験結果について、予想(仮説)通り上手くいったのか?もしくはなぜ予想(仮説)と違ったのか?
  その結果から考えられることや、失敗した場合は何が間違っていたのか、
  自分なりの考えをしっかり書きましょう。

 ※理由がわからない場合は、教科書や参考書、ネットなどで調べても大丈夫です。

8.まとめ(反省点と感想)
 この実験を行って、自分なりに気が付いたことや苦労したことなどを書きましょう。

9.参考文献
 〇参考にした本については、”題名と出版社”を書きましょう。
  ネットの場合は”サイト名”を書きましょう。

以上のように、自由研究のレポートは上記の1~9の構成で書きましょう。

また、実験とは、仮説を立てて、実験して、結果をまとめ、考察するところまでが1セットになります。
一回の実験で、仮説が検証できると良いのですが・・・
もし仮説が間違っているという結果になりましたら、
実験方法について、どこがいけなかったのかを考え、
それを間違っていたと思われる箇所を修正して、
さらに『追加実験』を行うと良いでしょう。

また、実験が成功しても、その結果に疑問を持ったときは、
もう一度実験方法について考え直して『追加実験』を行うのもおススメです。

そのときは、7.考察に、どのような原因で失敗したのか?どういうことが疑問に思うのか?
考えられることを記載し、ではどういう追加実験をすると良いのか?書きましょう。
レポートの構成は、7.考察の後に、
 →8.追加実験(実験方法、変更した個所を明確に書く)
 →9.追加実験の結果
 →10.考察
 →11.まとめ(反省と感想)
 →12.参考文献
という流れで書くと良いでしょう。

スポンサーリンク

たった1度の実験だけでは、成功したり失敗することがあります。
理科の実験では、誰がやっても必ず成功する”汎用性”や、
一回だけたまたま上手にできたと言うわけではない”正確性”の観点もありますので、
実験の条件を詳細に記載したり、何回も同じ実験を行い、同じ結果になったことなどを書くとより良いでしょう。

夏休みの自由研究で上手なレポートの書き方とは?

上手なレポートとは、見た目ではなく、中身が重要です。
では、どんな中身が素晴らしいレポートなのでしょうか?

それは・・・
 どのようなきっかけで研究を行ったのか?
 何を使って、どういう方法で実験をすると良いのか?
 どんな結果が予想されるのか?
 結果をまとめるのは、どんなグラフや表を使うと良いのか?
 どうしてこのような結果になったのか?
など、自分なりの考えをしっかりを盛り込んだレポートが、オリジナルの素晴らしいレポートとして評価されます。

もちろん、レポートの評価はこれだけではありませんが、
『疑問に思ったことや、予想したこと、結果の考察、調べたこと』
などの自分なりに考えたことをしっかりと書くようにしましょう。

ただし、気を付けることもあります。
それは、自分で考えたことでも、難しい言葉が羅列していると、読む人は理解できないかもしれないということです。
書いている本人は、知識もあり、まとめているので、自分なりに理解しながら分かりやすく書いているつもりですが、読む人にとっては、その内容が難しいかもしれません。

そのため、研究テーマについて、難しい言葉や分からないことなど調べたことは、必ず記載するようにしましょう。

極端な考えですが、小学生が読んでも分かるかな?ということを意識しながらレポートを書くと、誰が読んでも分かりやすいレポートができ、丁寧な素晴らしい作品になります。

さらに、より素晴らしいレポートを書くには・・・

分からないことについて、『調べる』ことは簡単です。
しかし、調べた内容をどのように記載すると良いのでしょうか?
『まとめ』たり、『加工』することは難しいものです。

例えば、あるイベント会場の広さを説明するのに、”○○平方メートル”と伝えても、分かりにくく面白くもありません。
この広さを例えると、東京ドーム〇個分、甲子園球場くらいの広さなど、皆さんがよく知っているものに例える『加工』を行います。
そのイベントに多くの人々が参加しているのでしたら、甲子園球場ぐらいの広さの会場に、約○○万人の人が来場してイベントを楽しんでいます。
などと『まとめる』と、多くの人々に興味、実感してもらえる情報になります。

また、ピラミッドについて、その建築理由にはいろいろな説があります。
それらの仮説をとにかく調べて列挙するだけでは、全く面白くありません。
それぞれの仮説に納得できる点・怪しい点をあげて、総合評価を数値化するのはどうでしょうか。「横綱」「関脇」などの相撲の番付表のようにしても、面白い情報になりますね。

以上より、上手いレポートを書くには、自分の考えをしっかりと記載しましょう。
そして、読んでもらう人のことを思い、丁寧に分かりやすく、なるべく詳細に説明を記載しましょう。
ただし、調べた内容をそのまま記載するのではなく、
皆さんがよく知っているものに例えたり、まとめ方を工夫するとより良いレポートになると思われます。

夏休みの自由研究でどんな風に文章を書くといいの?

実験結果を整理して、気が付いたことを考察に書きますが、例え箇条書きでよくても、
文章を考えるのが苦手な方にとってはとても難しく感じます。

そこで、これから紹介する方法で自分の思っていることを、考えていることを整理すると
スムーズに文章にしやすくなります。
文章を考えるのが苦手な方は、ぜひ参考にしてください。

まず、白紙を用意してください。
(ここでは分かりやすく、読書感想文についてまとめてみます)

1.読み終わった本の感想を『率直な感想』を中央に書いてください。
  ”面白かった”の一言でも良いです。
2.そこから矢印を伸ばし、『どこが?』どこが面白かったのか?を書きます。
  ”主人公の性格”や”作者の世界観”など簡潔に書いてください。
3.さらに『どこが?』から矢印を伸ばして、『どうして?』
  どうして○○が面白かったのか?を書きます。
  ここでは、「私だったら」「私には」と考えてください。
  「私だったら○○するけれど、主人公は▲▲した」
 「私も×▽のような場所に行ったことがある」
  などの『自分には無い経験や意外さ』『自分も経験したことのある場面』というのは
  大切な要素です。
  自分の経験・友達・好き嫌いを振り返って、最初の感想が湧いてきた理由を分析します。
4.書き終わりましたら、『どこが』『どうして』の一つながりごとに作文してください。
  作った文章同士を上手くつなぐと「はじめ」と「まとめ」を作れば
  読書感想文が完成します。
【図1 白紙メモの例】

自由研究の場合も、この読書感想文と同様に考えます。
実験に失敗した時は、『率直な感想』の箇所に『実験結果』を入れると、
どこが問題?どうして問題になった?
と問題の要因について一つ一つ考えていくことができ、結論につながるはずです。
ただし、本を読まないと感想文が書けないのと同じで、ある程度の知識がないと
テーマに沿ってまとめる事が出来ません。
躓いた時は、教科書などで調べながら取り組んでいってください。

まとめ

自由研究を上手くまとめる方法について参考になりましたでしょうか?
レポートを書くのに大切なことは、
この研究で、自分なりにどのように考えて、実験を行ったのか?努力した過程をしっかりと伝えましょう。
そして、キレイにまとめるコツは、
読む人に分かりやすくなっているのか?を意識して書くようにしましょう。

⇒夏休みの自由研究 中学生の理科の実験で簡単おススメなものとは?
⇒夏休みの自由研究で簡単な実験を中学生向けにする方法やお勧めサイト、まとめ方のコツを紹介
⇒夏休みの自由研究で小学生の低学年向けの簡単おススメな実験とは?

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

浴衣が似合う髪型☆ふんわりお団子ヘアを自分で簡単に作る方法は?

花火大会に着ていく浴衣は決まりましたか? 浴衣を着ていくなら、どうせなら可愛く髪の毛をアップにしてみたいですね。 ふんわりお団子ヘアなんてどうでしょう? とても可愛らしくて浴衣にもお似合いです☆ です …

お歳暮の選び方のポイントとは?品物を選ぶときに注意することとは?

お歳暮は1年間の感謝の気持ちを込めて贈りますので、先方の方にも喜ばれたいものです。 スポンサーリンク しかし、どんな品物を贈ると喜ばれるのでしょう? 喜ばれるお歳暮の選び方について、いくつかのポイント …

夏休みの自由研究で小学生の低学年向けの簡単おススメな実験とは?

小学生の夏休みの宿題といえば、自由研究。 スポンサーリンク 子供は興味がある事にはとことんのめりこみますが、宿題となると・・・まして興味がないことにはやる気が出ません。 自由研究ですので、子供の興味が …

傘の撥水効果を復活させるには?長持ちさせるためのお手入れ方法を紹介

梅雨の季節から徐々に雨が降る日が増え始め、 梅雨が明けても、 夏には台風が度々やってきて激しい雨が降り、 よく晴れた良い日でも、急な夕立で突然雨が降ったり・・・ 梅雨から夏場にかけては、ホント雨の日が …

no image

ヘアピンの正しい留め方とお団子を綺麗に作るための髪の下地作りとは?

動画では簡単にまとめているお団子ヘアですが、 実際にやろうとすると、上手く髪をまとめるのは難しいですよね。 最初に一つに結び、髪をねじりながら根元に巻きつけて、 アメピン・Uピンで留めるというのは分か …