コスモスだより

このサイトでは、季節の行事やお祝い行事など、生活に役立つ情報を紹介しています。

子供の祝い事

七五三について 歳の数え方やいつ参拝するのか?段取りについて紹介

投稿日:2017年3月26日 更新日:


七五三とは、7歳までは神の子と言われていた時代に、
3歳、5歳、7歳という成長の節目に氏神様に参拝して、
子供が健やかに成長したことへの感謝と、将来の幸せを祈る行事のことを言います。

七五三の由来は、
「髪置き」武家社会の習慣で3歳になると男女ともに髪を伸ばし始めます。
「袴着」 5歳になると男の子は初めて袴を着用するようになります。
「帯解き」7歳になると女の子はそれまで着物についていた紐をとり、初めて帯を締めます。
明治時代にこれら3つの儀式がくっつき、現在のような七五三として定着しました。

お子様の成長に感謝し、健康と今後の幸せを祈る大切な行事になりますので、

お子様が何歳の時に参拝すればいいのか?
いつごろ参拝すると良いのか?
どういう段取りで進めると良いのか?

について曖昧な方、こちらでしっかり確認し、素敵な七五三を迎えましょう。

スポンサーリンク
  

七五三 歳の数え方について

七五三へ参拝するお子様の年齢の数え方について紹介します。

従来は、「数え年」でお祝いするしきたりでしたが、
最近は「満年齢」で行うご家庭が増えてきています。

また、兄弟そろってお祝いをするご家庭も多く、
兄弟の年齢差の関係で1度に済ますために
「数え年」と「満年齢」を併用される方もいらっしゃいます。
 (例:兄=数え年、弟=満年齢)

「数え年」とは?
  生まれた年を1歳、翌年を2歳というように、
  新年の度に1歳を加える年齢になります。

「満年齢」とは?
  生まれた年を0歳とし、
  誕生日が来る度に1歳加える年齢の数え方をします。

七五三はいつ参拝するのか?

冒頭で紹介しました七五三の由来から、男の子と女の子では参拝する年齢が異なります。
 
 3歳「髪置き」・・・男の子、女の子
 5歳「袴 着」・・・男の子
 7歳「帯解き」・・・女の子

地方によっては、男の子の場合5歳の時だけ行う考え方もあります。

また、参拝する日は11月15日となっていますが、
必ずこの日に参拝しなければならないという訳ではありません。

ご家庭の都合に合わせて、
10月初旬から11月15日前後の休日に参拝されるという方が多くなってきています。
そして大安や友引などの良い日ですと、皆さんが選びますので混んでいるかと思われます。

早い方は、6月頃から衣装レンタルの予約が開始しますので、
6~9月頃に写真館で記念撮影を済まされ、そのまま参拝される方もいらっしゃいます。

11月15日にこだわらず、ご家庭の都合に合わせて日程を決めましょう。

スポンサーリンク

我が家の場合では、11月より早めに衣装をレンタルするほど料金がオトクでしたので、
9月末に前撮りし、そのまま参拝しました。
混んでいないので、前撮りや神社でゆっくり写真を撮ることができて良かったです。
また、写真館で衣装をレンタルしたので、和装以外に洋装のドレスも着ることができました。
3歳の娘は、お姫様のようにドレスを着て、ヘアメイクを可愛くしてもらい、
とっても嬉しそうにしていました。

【参考】11月15日になったのは・・・
 3歳、5歳、7歳は子供の厄年と言われています。
 ・11月15日は鬼が自分の家にいる「鬼宿日(きしゅくび)」とされ、
  鬼のいぬ間に厄払いと神の加護を願うのに最良とされた。
 ・霜月祭で氏神を山に送り出す日だった。
 ・江戸幕府 第三代将軍 徳川家光が、
  息子(後の第五代将軍 綱吉)の「髪置き」の儀式を行った。
 などのいくつかの説があり、11月15日になったと言われています。

七五三の段取りはどうすればいいのか?

①参拝する日を決めましょう。
 11月15日を過ぎるより、早めに行うのが主流になっています。
 日程が決まりましたら、神社やレストランを予約します。

②衣装を用意しましょう。
 ・子供の正装
  3歳:お宮参りの祝い着に、男の子は袖なしの羽織り、
     女の子は袖なし、襟付きの被布を着て髪飾りを付けます。
  5歳:(男の子)紋付き羽織りに仙台平の袴、白足袋、
     白い鼻緒の雪下駄、白い扇に守り刀を身に着けます。
  7歳:(女の子)本裁ちにした友禅などの絵柄の着物に、作り帯、
     しごきをして、はこせこ(紙入れ)を胸に、ぽっくりを履き、
     手には袋物を持ちます。
 
 ・女性(母親)の正装
   和装:訪問着や色無地、格の高いつけさげなど 
   洋装:ワンピースやスーツなど 

 ・男性(父親)の正装
   ダークスーツ

※七五三の正装は着物ですが、最近では洋装も増えています。
  (男の子:ブレザーやスーツ、女の子:ワンピースドレスなど)
  また、写真館にて衣装をレンタルして記念写真を撮り、
  参拝には普通の服でお参りする方もいらっしゃいます。

③記念写真を前撮りしましょう。
 参拝後はお子様も疲れていますし、衣装も乱れたりすることがあります。
 撮影される場合は、参拝前か参拝当日より前の日程で
「前撮り」しておくとラクかと思います。

④氏神様に参拝しましょう。
 お祓いを受ける場合は、申し込みをして、
 お礼に「初穂料(はつほりょう)」を用意しましょう。 

⑤参拝後、お祝いの食事をしましょう。
 (食事の前に、お子様は洋服に着替えておくと
  着物を汚す心配がありません)

まとめ

参拝するお子様の年齢は、本来は「数え年」ですが
最近では「満年齢」で行う人も増えてきています。

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に参拝しましょう。

参拝日は11月15日が一般的ですが、
ご家庭の都合に合わせて日程を決めましょう。

日程が決まりましたら、早めに神社を予約をし、衣装を準備して
素敵な七五三を迎えられますように。

⇒初めての七五三 参拝の段取りから当日の流れ、気を付けた事を紹介

スポンサーリンク

-子供の祝い事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

端午の節句の五月人形にはどんな種類があるの?飾り方の違いってなに?

男の子の健やかな成長を祝う「端午の節句」 五月飾りは、男の子の身を病気や災いから守り、健やかな成長を願うものです。 内飾りである五月人形は、大切なお子様の身代わりとして 災厄を背負ってもらうための人形 …

端午の節句 五月人形の選び方や飾るしまう保管時の取扱での注意点は?

男の子の健やかな成長を祝う「端午の節句」 スポンサーリンク 大切なお子様身代わりとなって災厄を背負ってもらうための五月人形は、 たくさんの種類があり、同じ大きさでも価格が大きく異なったり、 小さいのに …

鯉のぼりの大きさやポールの高さなど 購入時のおすすめな選び方

お子様の立身出世を願い、お外に飾る鯉のぼり スポンサーリンク 小さい頃、大きくて立派な鯉のぼりをあげているお家が とてもうらやましかった記憶があります。 今までアパート暮らしのため、ベランダに大きな鯉 …

端午の節句の由来とは?五月人形やこいのぼり、祝い菓子について紹介

5月5日の子供の日は、「端午(たんご)の節句」「菖蒲(しょうぶ)の節句」 「重五(ちょうご)」とも言われています。 スポンサーリンク 男の子を病気やケガから守り、立身出世を願う大切な行事になります。 …

お食い初めの時期や日数の計算方法 食器や祝い膳 儀式について紹介

お食い初めとは、赤ちゃんの歯が生え始めたことを祝い、 「赤ちゃんが一生食べ物に不自由しないように」と願い、 祝い膳を整えて赤ちゃんに食べるマネをさせる儀式です。 スポンサーリンク このお食い初めの歴史 …