コスモスだより

このサイトでは、季節の行事やお祝い行事など、生活に役立つ情報を紹介しています。

祝い事

結婚記念日の風習や祝い方について、名称の一覧と贈り物を紹介

投稿日:2017年4月19日 更新日:


結婚記念日は、夫婦の絆を深める大切な日です。
いつまでも結婚当初の気持ちを忘れずに
仲良く暮らしていきたいですね。

下記には、結婚記念日について
風習の始まりから、祝い方について、名称の一覧と贈り物の例えを
記載しています。

素敵な結婚記念日を迎えられますように、
参考にしてください。

スポンサーリンク
  

結婚記念日の風習について

結婚記念日を祝う習慣は、もともとイギリスからきたものであり、
日本では1894年(明治27年)に明治天皇の銀婚式
「大婚二十五年祝典」が開催されたのが始まりと言われています。

もともと5年目、15年目、25年目、50年目、75年目の5種類でしたが、
次第に増えていき、現在は15年目までは毎年、それ以降は5年ごとに
記念日の名称がつけられています。

結婚記念日の祝い方について

結婚記念日の祝い方に特別なルールはありません。
年数が浅いうちは、夫婦でプレゼントを交換し合うのが一般的
とされています。
例えば、1年目は紙婚式ですので手帳などの紙製品、
3年目は革婚式ですので財布などの皮革製品、もしくはお菓子、
記念日の名前にちなんだ品物を贈り合うことが多いようです。

若いうちは二人で結婚当初の気持ちを思い起こせるような
お祝いでも十分と思われます。

多くの結婚記念日の中でも、
25年目の銀婚式と50年目の金婚式は特別ですので
盛大にお祝いをしましょう。
欧米では、銀婚式や金婚式を迎えた夫婦が、結婚式に招待した列席者を
もう一度招いて、パーティを開く習わしがあるそうです。
日本でも、子供や孫が主催して祝宴を催すことが多くなってきています。

25年目の銀婚式になると、子育ても一段落している頃と思われます。
旅行に行かれたり、外食を楽しまれるのも良いでしょう。
子供が料理を作ってお祝いするのも喜ばれると思われます。

スポンサーリンク

50年目の金婚式では、ご夫婦はかなり高齢と思われます。
お二人の体調に合わせて、子供や孫が主催してお祝いを行いましょう。

結婚記念日の名称と贈り物について

<年数> <名称>        <贈り物の例え>
 1年目 紙婚式         紙製品(手帳など)
 2年目 わら婚式、綿婚式    コットン製品、ぬいぐるみ
 3年目 革婚式、糖菓婚式    皮革製品(カバンなど)、お菓子
 4年目 花婚式、書籍婚式    花束、書籍
 5年目 木婚式         観葉植物、木製品(家具など)
 6年目 鉄婚式         シルバーアクセサリー、鉄製品(インテリア用品、
                 台所用品など)
 7年目 銅婚式         銅製品(タンブラーなど食器類)、銅貨
 8年目 ブロンズ婚式、ゴム婚式 ブロンズ製品、ラバー製品
 9年目 陶器婚式        陶器、陶製のインテリア小物
10年目 アルミ婚式、錫婚式   アルミ製品、錫製品(食器や小物など)
11年目 鋼鉄婚式        ステンレス製品、鋼鉄製品(食器や鍋など)、
12年目 絹婚式、麻婚式     シルク製品、麻製品(テーブルクロスや服など)
13年目 レース婚式       レースのテーブル小物など
14年目 象牙婚式        象牙のアクセサリー、象牙色(アイボリー)の小物
15年目 水晶婚式        クリスタル製品(ワイングラスなど)
20年目 磁器婚式        磁器製品(食器や置物など)
25年目 銀婚式         銀製品(食器、アクセサリーなど)、銀貨
30年目 真珠婚式        真珠のアクセサリー
35年目 珊瑚婚式、翡翠婚式   珊瑚や翡翠のアクセサリー
40年目 ルビー婚式       ルビーのアクセサリー
45年目 サファイア婚式     サファイアのアクセサリー
50年目 金婚式         金のアクセサリー、金箔を使った食器、金貨
55年目 エメラルド婚式     エメラルドのアクセサリー
60年目 ダイヤモンド婚式    ダイヤモンドのアクセサリー

まとめ

結婚記念日について、参考になりましたでしょうか?
贈り物には名称にちなんだ品物を贈ると良いそうですが、
最近では名称にこだわらず、実用的な物やお互いに欲しい物を買ったりなど
する方も多いそうです。
素敵な記念日を迎えられますように。

スポンサーリンク

-祝い事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

結婚式の受付係って何をするの?手順や注意することとは?

友人や親族に結婚式の受付を頼まれたとき、安易にOKしたけれども、受付係ってどんなことをするのでしょうか? スポンサーリンク ここでは、  ・結婚式の受付係って何をするの?  ・結婚式の受付の手順につい …

新築披露はいつ行い誰を招待するの?マナーやお祝いの返しについて紹介

何度も何度も打ち合わせをして、完成されたお家は、きっと素敵なお家でしょう。 スポンサーリンク この素敵なお家を親戚や親しい友人へ見ていただくためにも、新築披露のマナーについて詳しく紹介していきます。 …

新築祝いの金額の目安は?水引と表書きや渡すタイミングについて

親戚や親しい友人から新築へ招待されたとき 新しい新居を見ることができるので、とても楽しみですよね。 一方、お祝いをどうしたらいいのか悩まれるかと思われます。 スポンサーリンク 新築のお祝いは、品物で贈 …

還暦のお祝いは満年齢?数え年?いつ行うのか?厄年は気にする?

スポンサーリンク 昔は平均寿命が短く、 還暦を迎えることは大変おめでたいとされていました。 この還暦は、元服、婚礼とともに三大祝儀とされています。 現在の60歳の方々はまだまだ元気ですが、 これまでの …

結婚式の服装について女性の洋装で注意しなければならないマナーとは?

初めて結婚式に招待されたとき、どんな服装をしていくと良いのでしょうか? スポンサーリンク 結婚式の服装には、色々と気を付けなければならないマナーがたくさんあります。 ここでしっかりと確認しておきましょ …