コスモスだより

このサイトでは、季節の行事やお祝い行事など、生活に役立つ情報を紹介しています。

バレンタイン

バレンタインデーができた由来について簡単に分かりやすく紹介!

投稿日:


バレンタインデーの由来について、簡単にまとめて紹介します。

最近では、上司や同僚へ贈っていた「義理チョコ」は衰退傾向にあり、
変わりに「友チョコ」や、「自分チョコ」が広まってきたそうです。

スポンサーリンク
  

バレンタインデーの由来を簡単に紹介!

バレンタインデーの由来について、簡単に紹介します。

(1)ローマ皇帝が「結婚禁止令」を発令!
3世紀ごろ、ローマ帝国皇帝クラウディウス2世は、
兵力を強くするための政策として、兵士の結婚を禁止しました。

理由は、
「私には妻や子供がいるから、死にたくない」と考える兵士が多くおり、
「これでは士気(兵士の意気込み)があがらない」と思ったのでしょう。

(2)キリスト教の聖人ヴァレンティヌスが抵抗!
しかし、キリスト教の聖人ヴァレンティヌスは、
結婚禁止命令に抵抗して、ひそかに恋人たちを結婚させていました。

(3)ヴァレンティヌスが殉職・・・
これを知ったローマ帝国皇帝クラウディウス2世は怒り、
キリスト教の聖人ヴァレンティヌスを処刑してしまいました。

スポンサーリンク

このヴァレンティヌスが殉職した日が、2月14日です。

ひそかに恋人たちを結婚させていたヴァレンティヌスは、
愛の守護聖人として崇敬され、

殉職した2月14日は、
「愛を与える日」「人類愛をたたえる日」として、
恋人や大切な人とお互いにプレゼントを交換する日になりました。

この日をバレンタインデーと呼ぶのも、
ヴァレンティヌスの名前に由来しているのです。

バレンタインデーにチョコレートを贈るのは日本だけ?!


このような由来より、
2月14日のバレンタインデーになると、
世界各国では、男女を問わず、恋人に贈り物をする日になっています。

女性から男性へチョコレートを贈って、愛を告白する日というのは、
日本独自のイベントなのです。

最近では、チョコレートを友達に贈る「友チョコ」、
男性から女性へ贈る「逆チョコ」、
自分へのご褒美として「自分チョコ」なども広まってきています。

まとめ

バレンタインデーの由来について、参考になりましたでしょうか?
今年のバレンタインには、大切な人とプレゼント交換されてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

-バレンタイン
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

バレンタイン 大人可愛いラッピングを紹介!お洒落にするアイテムとは?

もうすぐバレンタイン。 頑張って手作りしたお菓子、せっかくですからオシャレに可愛くラッピングしたいですよね? スポンサーリンク でも、お店のようにキレイにラッピングするのはなかなか難しいものです。 そ …

今年のバレンタインチョコに 革命的な高カカオチョコレートがおすすめ!

スポンサーリンク 今年のバレンタインチョコには、”美容・健康に良い”と噂の高カカオチョコレートはどうでしょうか? 「夢のような革命的な高カカオチョコレート」と 北欧スウェーデンをはじめ欧州で呼び名の高 …