コスモスだより

このサイトでは、季節の行事やお祝い行事など、生活に役立つ情報を紹介しています。

お正月

お正月飾りを飾る日と片付ける日はいつ?処分方法についても紹介

投稿日:


「お正月飾り」とは、年神様を家へお迎えするための準備として行います。

門松は、年神様が降り立つ目印として。
しめ飾りは、年神様をお迎えする場所を清めるために。
鏡餅は、年神様へのお供え物として。

それぞれ大切な役割のある飾りですが、これらは、いったい、いつから飾るといいのでしょうか?

また、お正月が過ぎると飾りを外すのですが、正式に片付ける日は決まっているのでしょうか?

このような疑問について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク
  

お正月飾りを飾る日はいつ?

お正月飾りを飾る日について、
正式にいうと、12月13日以降でしたらいつでも大丈夫です。
(ただし、飾りつけを行うと良くないという日もありますので、下記をご確認ください)

12月13日は「正月始め」といい、お正月のために準備を始める日とされています。そのため、この日からお正月の予定を立てたり、掃除を始めていきます。

お正月飾りもお正月の準備に含まれますので、12月13日以降でしたら、飾りつけを行っても大丈夫ということです。

ただし、早くから飾りつけを行うと・・・

年神様をお迎えする飾りにホコリがかかってしまうため、あまりよろしくないと言われています。

また、お正月までの期間にクリスマス行事もあるため、
一般的にはクリスマスの25日が終わってからお正月飾りをする方が多いです。

そのため、お正月飾りは、12月26日、27日、28日(30日)に飾ると良いでしょう。

(この中でも、28日の8(八)は、末広がりで縁起が良い日とされています)

お正月飾りを飾ると良くない日

上記の日を見ての通り、いつでも良いという訳ではありません。飾りつけをするときには、良くない日も確認するようにしておきましょう。

12月29日は、「苦の日」「苦(九)を待つ(松)」「苦立て」といい、縁起が悪いとされています。

12月30日は、旧暦の大みそかにあたるため、よろしくないと言われています。
(28日までに飾ることができなかった場合は仕方ないのかもしれませんが・・・)

12月31日は、「一夜飾り」といい、神様への誠意がない、お葬式を連想させて縁起が悪いとされています。
(ただし、浄土真宗はこの限りではないとのこと)

スポンサーリンク

お正月飾りを片付ける日はいつ?

年神様がお家にいらっしゃるとされる期間を「松の内」といい、この期間は神様がいらっしゃるのでお正月飾りを外さず、過ぎてから片付けます。

この「松の内」の期間は、もともと1月15日まででしたが、現在では、地域によって1月7日までと短くなっているところもあります。

江戸幕府の命令によって、関東の一部地域では7日までに短縮しおり、7日の朝に七草がゆを食べてから、お正月飾りを取外すというご家庭が多いです。

ただし、正月飾りと言っても、鏡餅だけは片付ける日が異なりますのでご注意ください。

鏡餅は年神様へのお供え物ですので、この松の内の期間が終わっても食べたりせずに飾ったままにしてください。

1月11日の「鏡開き」にて、お供えしていた鏡餅を下げて、お汁粉や雑煮などにして食べるようにしましょう。

<プチ情報>
年神様がお家にいる期間を「松の内」といい、門松などの正月飾りを取外して、正月に別れを告げることを「松納め」といいます。

お正月飾りの処分方法とは?


お正月飾りの処分方法については、「どんど焼き」などと呼ばれる行事で、火にくべるのがならわしとなっています。

この「どんど焼き」とは、神社などで火をたき、門松やしめ飾りなどの正月飾りや、書き初めで用いた物を持ち寄って燃やす行事のことです。

地域によって呼び方が異なり、とんど(歳徳)、とんど焼き、どんど、どんど焼き、どんどん焼き、どんと焼き、さいと焼きとも言われます。

年神様をお迎えした正月飾りを焼くことによって、炎と共にお見送りをする意味があるとされています。

また、この灰を持ち帰って自宅の周囲にまくと、その年の病を除くとも言われています。

どんど焼きが行なわれる日は、もともと小正月の1月15日前後に行われていましたが、
地域によっては1月の第2日曜日、第2月曜日に行うところもあります。

詳しくは、お住いの地域にて日にちを検索してみてください。

もしかしたら、どんど焼きを行っていない地域もあります。
その場合は、ゴミ回収に出すのですが、ゴミとは別に包だりして心配りをするといいでしょう。

まとめ

お正月飾りについて、飾る期間や処分方法など、参考になりましたでしょうか?
片付ける日や処分方法については、地域によって期間が異なるため、お住まいのご近所さんへお伺いしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

-お正月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

固くなってしまった鏡餅を美味しく食べる方法をまとめて紹介!カビが生えたときの対処法とは?

お正月の間、歳神様にお供えしていた鏡餅 スポンサーリンク 1月11日の鏡開きの日に、 今年も1年幸せに過ごせますように・・・とお祈りしながら食べます。 歳神様に長寿をお祈りする大切な行事ですが、 頂く …

おせち通販について冷凍のメリットやデメリットとは?最も売れているお店は?その口コミは?

おせち通販というと、冷蔵で届く”生おせち”と凍った状態で届く”冷凍おせち”があります。 スポンサーリンク 初めて購入を検討されている方には、どちらが良いのか迷うと思われます。 そこで、冷凍おせちについ …

七草粥を食べる意味や由来について詳しく紹介!春の七草の効果とは?

昔から、お正月にどうして七草がゆを食べるのか気になりませんでしたか? スポンサーリンク 胃を休めるため・・・と言っても、 おせち料理など、贅沢なものを食べて幸せだったのに、 薄い塩味の七草がゆかぁ・・ …

おせち料理 冷蔵のメリットとデメリットとは?最も売れている商品とは?口コミも紹介

おせち料理の通販では、冷蔵で届く”生おせち”と凍った状態で届く”冷凍おせち”があります。 スポンサーリンク 初めて購入を検討されている方には、どちらが良いのか迷うと思われます。 そこで、冷蔵で届く”生 …

おせち料理を両親へのプレゼントするなら?大喜びされるほど人気なちこり村のおせちを紹介

両親へのプレゼントして大喜びされた、今とても人気のあるおせち料理を紹介します。 スポンサーリンク 毎日美味しいご飯を作ってくれている母に、 たまにはゆっくりしたお正月をプレゼントをしたくて購入したおせ …