コスモスだより

このサイトでは、季節の行事やお祝い行事など、生活に役立つ情報を紹介しています。

お正月

お正月飾りの種類について 飾る意味や飾り方など詳しく紹介!

投稿日:2017年12月4日 更新日:


『お正月飾り』を飾るのは、年神様を家へお迎えし、豊作を祈願する行事から由来しています。

年神様は、歳徳神(としとくじん)や正月神とも呼ばれ、お正月に新しい1年の幸福を授け、年玉(魂)を与えてくださると言われています。

『お正月飾り』は、そんな年神様をお迎えするための大切な飾りですので、飾り一つ一つにも意味が込められています。

どんな種類の飾りがあって、どんな意味が込められているのか?確認していきましょう。

スポンサーリンク
  

お正月飾りにはどんな種類があるの?

お正月飾りというと、

門松、しめ縄、玉飾り、輪飾り、鏡餅、床の間飾り、餅花、掛け軸、、生け花、羽子板、破魔矢など

細かく分けるとたくさんの飾りがあります。

このようにたくさんありますが、まとめると以下のようになります。

・門松

・しめ飾り:しめ縄・玉飾り・輪飾り

・床の間飾り:鏡餅・生け花・掛け軸・羽子板・破魔矢など

門松には、正式な飾りと略式な飾りがあり、また地方によって飾り付けが異なります。

しめ飾りは、一般家庭で使われているのはこの3種類になります。

そして、床の間飾りには、鏡餅の他、たくさんの種類があります。

年末になると、スーパーなどで販売されているしめ飾り、どの飾りを購入すると良いのか迷われたことはありませんか?実は、3種類、それぞれ飾る場所が異なるんです。

こういった違いなどについて、詳しく確認していきます。

お正月飾りの意味とは?どこに飾るの?

お正月飾りの「門松、しめ飾り、床の間飾り(鏡餅など)」について、込められた意味や飾る場所などを確認していきます。

門松(かどまつ)


門松(かどまつ)とは、玄関など家の門の前に立てられる松や竹でできた飾りのことです。

松飾りや飾り松、立て松とも呼ばれます。

その昔、木のこずえにが宿ると考えられていたことから、”年神様が家に降り立つ目印”として飾られます。

<由来>
常緑の木を1本立てたのが始まりと言われています。

常緑樹(1年中、常に緑葉を付けている樹木)の中でも、松は「祀る」につながる樹木であり、さらに中国古来より生命力、不老長寿、繁栄の象徴とされてきたことから、日本でもおめでたい木とされ、お正月に飾られるようになりました。

<飾り付け>
・正式な飾り
松を中心に、3本の竹や梅などを添えたものになり、玄関や家の門の前に、左右一対で飾ります。道路側から見て、門の右側に雌松、左側に雄松とします。

地方によって門松の飾り付けがさまざまあり、

関東の場合は、3本の竹を中心に、短めの松を添えて、下部をわらで巻くというタイプが多いです。

関西の場合は、3本の竹を中心に、前側に葉牡丹(紅白)、後側に長めの松を添えて、下部を竹で巻くタイプで、豪華なものでは、梅や、笹、ユズリハなどを添えます。

・略式な飾り
若松の枝を奉書紙(和紙)で巻き、金銀または紅白の水引を飾ったもので、門柱などに取り付けます。こちらも左右一対で飾ります。

<プチ情報>
門松に使用される松竹梅について、それぞれに意味を込めて飾られれています。

松は、生命力、不老長寿、繁栄の象徴
(理由:一年中、緑葉を保ち、枯れないことから)
 
竹は、子孫繁栄の象徴
(理由:まっすぐに伸びる姿や、土深くまでしっかりと根を張ることから)
 
梅は、長寿の象徴
(理由:寒い冬の季節にきれいな花を咲かせる、この力強さから)
また、左右一対で飾るのは、神社などで左右対称の守り神を祀っていることから由来していると言われています。

しめ飾り(しめ縄・玉飾り・輪飾り)

しめ縄を用いた正月飾り全般のことをしめ飾りと言います。

神社に行くと、しめ縄を見かけたことがあると思います。
しめ縄は、神様をお祀りする清浄な場所をあらわすものであり、神社以外にも神棚にも張られています。

つまり、お正月にしめ飾りを飾るのは、

年神様をお迎えする場所を清め、災いが入ることを防ぐ、魔除けとして飾ります。

家庭で用いられるしめ飾りは「玉飾り・輪飾り・しめ縄」と3種類あり、それぞれ飾る場所が異なります。
      
①玉飾り

大きめの輪飾りに、だいだい(みかん)、うらじろ、ゆずり葉などの縁起物を結びつけ、清浄を示す四手を下げたものになります。

飾る場所は、玄関の軒下や神棚の前になります。

結びつけられた縁起物に込められた意味
だいだい(みかん)
 家系が「代々(だいだい)」繁栄しますように。

うらじろ
 葉の裏が白いことから、うしろ暗さがないことと、長寿をあらわしています。

ゆずり葉
 新しい葉が出ると古い葉が落ちることから、福を後世に「ゆずる」と言われています。

こぶ(昆布)
 よろ「こぶ」の意味が込められています。

干し柿
 幸運をとりこむと言われています。

わら
 3mの長さにもなることから、縁起がいいとされています。

スポンサーリンク

伊勢えび
 腰が曲がるほどの長寿を願って。

②輪飾り

玉飾りを簡略化したものになります。

飾る場所は、台所(火の神様の入り口)や、水道の蛇口やトイレ(水の神様の入り口)になります。この他に、商売道具などに飾り、新しい一年の無事を祈願します。

③しめ縄

秋に収穫した新しいわらで編んだもので、お正月を迎えるにあたって毎年張り替えます。

飾る場所は、神棚や戸口になり、右側が太くなるように飾り、四手を下げます。

最近では、下記のような花などを飾ったおしゃれなしめ飾りもたくさん販売されています。

床の間飾り(鏡餅・生け花・掛け軸・羽子板・破魔矢など)

部屋の中の上座を意味する床の間に飾ることを、床の間飾りと言います。

一般的には、床の間の中央に鏡餅、左右に屠蘇器(とそき)や香炉、生け花、後方に掛け軸などを飾ります。

・鏡餅

お餅は、古くから神饌(しんせん=神様の食べ物)と考えられていたことから、年神様へのお供え物として鏡餅を飾ります。

大小のお餅を重ねるのは、陰(月)と陽(日)を重ね、福徳が重なりますように・・・という願いが込められています。

・屠蘇器(とそき)や香炉

この他に、干支にちなんだ置物を飾ることもあります。

・生け花

福寿草や葉牡丹、椿、水仙、雪柳などのお正月の花を飾ります。もし掛け軸に植物が描かれている場合は、その植物を避けて生けましょう。

・掛け軸

おめでたい掛け軸として、福寿の意味を持つ書や字句が最も好ましく、七福神や日の出、富士や鶴などの絵が続きます。

床の間のないお家の場合は、棚やサイドボード、テレビ台など家具の上を床の間に見立てて飾ります。

白い布をかけて飾ったり、お盆に鏡餅などをのせて飾ったり、お正月らしく、独楽やお手玉、羽子板や破魔矢なども添えて、掛け軸の代わりには新年の趣のある絵を飾るのでも大丈夫です。
 

まとめ

お正月飾りについて参考になりましたでしょうか?

お正月飾りの違いや意味などを理解しながら準備をすることで、新年を迎える気持ちも変わってくるのではないでしょうか。

素敵な新年を迎えられますように。

スポンサーリンク

-お正月
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

おせち通販 詐欺に合わないために気を付けるチェックポイントとは?

おせち通販には、手間がかからず、美味しいおせちが食べられ、健康に気を付けている人も利用できるといった魅力があります。 スポンサーリンク しかし、お届け日になっても商品が届かない。中身がスカスカ・・・写 …

おせち料理を両親へのプレゼントするなら?大喜びされるほど人気なちこり村のおせちを紹介

両親へのプレゼントして大喜びされた、今とても人気のあるおせち料理を紹介します。 スポンサーリンク 毎日美味しいご飯を作ってくれている母に、 たまにはゆっくりしたお正月をプレゼントをしたくて購入したおせ …

おせち料理の美味しい店はちこり村!初めての方にはお試しがおススメ!

スポンサーリンク おせち料理は作るのが大変。今年こそはネットで購入してみよう!!と思っても、金額が1万円以上するためなかなか勇気が出ません。もし買って美味しくなかったら、新年早々かなりショックですから …

七草粥を食べる意味や由来について詳しく紹介!春の七草の効果とは?

昔から、お正月にどうして七草がゆを食べるのか気になりませんでしたか? スポンサーリンク 胃を休めるため・・・と言っても、 おせち料理など、贅沢なものを食べて幸せだったのに、 薄い塩味の七草がゆかぁ・・ …

おせち料理を通販で購入するなら早めの予約がおススメ!人気なお店を紹介!

おせち料理の通販は、毎年9月頃から販売を開始します。4ヶ月も前からです。 9月ではデパートやコンビニ、コマーシャルなどで、おせち料理なんて、まだまだ見かけませんよね? スポンサーリンク そのため、おせ …