コスモスだより

このサイトでは、季節の行事やお祝い行事など、生活に役立つ情報を紹介しています。

子供の祝い事 行事

端午の節句で五月人形を飾るのはなぜ?次男にも必要なの?

投稿日:2017年4月7日 更新日:

男の子の誕生や成長を祝う「端午の節句」

我が家は今年、次男の初節句を迎えます。
長男の五月人形を飾り、鯉のぼりを掲げていますが、
次男の五月人形は、必要なのでしょうか?

五月人形には、男の子が健やかに成長し、病気や災いから身を守るという
意味合いが込められているので、男の子のいる家庭に一飾りは必要と思いますが、
兄弟で一飾りでも良いのでは?と考えていました。
しかし、調べてみると一人一飾り必要とのことで…

そもそも、なぜ五月人形を飾るのでしょうか?
兄弟がいる場合、次男にも五月人形は必要なのでしょうか?

色々と調べましたので、宜しかったら下記を参考にしてください。

スポンサーリンク
  

なぜ五月人形を飾るの?

端午の節句に、鎧や兜(五月人形)を飾るようになったのは、
江戸時代のころ、5月5日は幕府の式日とされ、
武家に男の子が誕生すると、家の前に幟や作り物の槍、薙刀、兜などの
五月飾りを飾って盛大にお祝いをしたことが始まりと言われています。

この武家の風習が庶民の間でも広がり、男の子の初節句には
武家を真似て、厚紙で作った大きな兜や人形、紙や布に描いた武者絵など
を飾るようになりました。

この端午の節句の風習が、永く人々に親しまれ、
子供の健やかな成長を祈る大切な行事として受け継がれ、
現在のような五月飾り(五月人形や鯉のぼり)を飾るようになりました。

武将にとって、鎧や兜は我が身を守る大切な道具です。

病気や事故などの災厄からお子様を守ってもらう身代わりとして
厄(やく)を背負ってもらうための人形(ひとがた)として
鎧や兜などの五月人形を飾ります。
(「厄(やく)」とは、身に降りかかる災いのこと)

特に小さなお子様は、すくに病気になったり、よくけがをします。
そのため、生まれたお子様が健やかに成長して欲しいという願いを込めて
五月人形を飾りましょう。

スポンサーリンク

次男にも五月人形は必要なの?

上記より五月人形は、
病気や事故などの災厄からお子様を守ってもらう身代わりとして、
厄(やく)を背負ってもらうための人形(ひとがた)として、
飾ることが分かりました。

厄(やく)を背負ってもらうための人形(ひとがた)という意味から、
本来、五月人形は一人一飾りが基本になります。

昔は、長男がお家の後継ぎとしてとても大切に扱われていたので、
長男にだけ五月人形が用意されていたそうですが、
現在では、長男、次男なんて関係なく、みんな大切に愛情込めて育てられています。
我が子はみんな、病気やケガなく、健やかに成長してほしいと願うものです。

したがって、
兄弟がいる場合で一人ひとりの厄を背負ってもらうためには、
兄弟で一飾りではなく、
長男、次男それぞれの五月人形がある方が望ましいと思います。

可能でしたら、長男と同じ五月人形をご購入されると良いのですが、
お子様の厄を背負ってもらうためのものですので、
大きさや見栄え、金額にこだわらずに安価なものでも十分です。
五月人形を用意してあげることが大切と思われます。

また、次男の五月人形を、長男より少し劣ったものにしておくと、
長男が次男のことを大事にすると言われているそうでして、
長男よりも小さいものを購入する方が多いようです。
 

しかし、経済的な事情が許せばということが大前提でして、
ご家庭によっては飾るスペースや収納スペースが無いなどの事情もあると思います。

兄弟がいる場合でも、五月人形は一飾りで、それぞれの名前旗を飾られるという
ご家庭もありますので、上記は参考程度に、
ご家族でよくご相談してご購入するか決められてください。

まとめ

五月人形は、災厄からお子様を守ってもらう身代わり、
お子様の厄を背負ってもらうために
健やかに成長することを願って飾りましょう。

また、五月人形は一人一飾りが基本です。
兄弟がいる場合でも、一人ひとりに五月人形がある方が望ましいですのですが、
ご家庭によって様々な事情がありますので、よくご相談して決められてください。

⇒端午の節句の由来とは?五月人形やこいのぼり、祝い菓子について紹介
⇒端午の節句の五月人形にはどんな種類があるの?飾り方の違いってなに?
⇒端午の節句 五月人形の選び方や飾るしまう保管時の取扱での注意点は?

スポンサーリンク

-子供の祝い事, 行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

端午の節句の由来とは?五月人形やこいのぼり、祝い菓子について紹介

5月5日の子供の日は、「端午(たんご)の節句」「菖蒲(しょうぶ)の節句」 「重五(ちょうご)」とも言われています。 スポンサーリンク 男の子を病気やケガから守り、立身出世を願う大切な行事になります。 …

入園のお祝いで喜ばれる贈り物や金額の相場 贈る時期を紹介

4月は入園のシーズンですね。 お子様にとって新しい社会へ踏み出す第一歩となります。 入園を控えたお子様はきっと楽しみで仕方がないと思います。 そんな希望にあふれるお子様へ、応援として喜ばれるお祝いを贈 …

鯉のぼりの素材について特徴を比較 雨天時のお手入れ方法も紹介

鯉のぼりの素材について、 江戸時代初期の頃は、和紙で作られていましたが、 時代と共に油紙、うす綿へと改良されて、 昭和30年頃から、雨風に強く破れにくい素材(化学繊維)へ変化してきました。 スポンサー …

ハロウィンのコスプレにおすすめなディズニープリンセスの衣装はこちら!

今年のハロウィンのコスプレは、ディズニープリンセスになってみませんか? スポンサーリンク ディズニープリンセスが着ているドレスは、どれもキュートで可愛らしいものばかりです。ふんわりしたスカートも魅力で …

七五三について 歳の数え方やいつ参拝するのか?段取りについて紹介

七五三とは、7歳までは神の子と言われていた時代に、 3歳、5歳、7歳という成長の節目に氏神様に参拝して、 子供が健やかに成長したことへの感謝と、将来の幸せを祈る行事のことを言います。 スポンサーリンク …